カーオーディオは車査定ではマイナスか

カーオーディオについて

音楽が好きな方の場合、車にオーディオ機器を付けているかと思います。私も音楽は好きなので、その気持ちはよく分かりますね。音楽に興じながらドライブをするのは、なかなか良いものだと思うのですが。

 

ところで車を売却するとなると、カーオーディオは果たして査定ではプラスになるのでしょうか。
一般的には、マイナス査定になると言われています。それを付けたまま査定を依頼すると、マイナスポイントになるので外すべきという意見が多いですね。ですので、基本的には外すべきではあります。

 

しかし、もし外すのでしたら傷が付かないかどうかが大きなポイントになります。なぜなら外した時に、車に傷がついてしまう場合があるからです。そうなってしまいますと、更にマイナス金額が大きくなってしまいます。

 

そのためカーオーディオを外すのに、専門業者に依頼をするという方法もあります。しかし、正直それはお薦めしません。なぜなら専門業者に依頼をしてしまうと、もちろん費用がかかってしまいます。その費用はそこそこまとまった金額になるため、査定でマイナスになる方が良いという意見もあります。

 

業者がカーオーディオを外すと3万円かかりますが、マイナス査定はせいぜい2万円かもしれません。基本的には、業者に依頼はしない方が良いです。
つまり自力で外しても車に傷が付かないならカーオーディオは外し、傷が付きそうなら放置というスタイルで良いと思います。
ミラ 買取

 

なおカーオーディオの中には、逆にプラス査定になるものもあります。純正品のカーオーディオを利用している場合には減点されない事が多いので、そのままで良いと思います。
ただ純正品でなくても、物によってはプラスになるものもあります。ですので、査定前に車買取の業者に問い合わせてみるのも一法です。


このページの先頭へ戻る